デリケートゾーンのにおい対策

MENU

デリケートゾーンのにおい対策に


▼超オススメ!!


アンボーテ


[ アンボーテの公式サイトはこちら ]




▼生理中やいざという時に!!


フロプリー


[ フロプリーの公式サイトはこちら ]


 

 

デリケートゾーンのにおいは女性にとって重要な問題

 

デリケートゾーンのにおいは女性にとって重要な問題

 

いくら美人でも、デリケートゾーンのにおいが原因で男性にドン引きされてしまうことも…。

 

デリケートゾーンの悩み…これは年代を問わず、女性にとって「永遠のテーマ」と言っても良いでしょう。
とくにデリケートゾーンのにおいは、自分でも感じてしまうくらいの強烈なにおいである場合もあります。

 

体臭は自分では気づかないことも多々ありますが、デリケートゾーンのにおいは生理などを原因とする特有の生臭いにおいであり、生理予定日の2週間前あたりにはおりものの量が増えるため、さらににおいが強くなる事もあります。

 

そのにおいを消したいあまり、デリケートゾーンを何度も洗ったり、強めに洗ったりしてしまう方もいらっしゃるかも知れませんが、実はこれらの方法は逆効果だと言われているのです。

 

つまり、せっかくにおいを消すために頑張って洗っているのに、逆にデリケートゾーンのにおいを強くしてしまっているというわけです。

 

もともと、ある程度のにおいは誰でもあるものです。

 

人間である以上、様々な身体的な機能を備えているためある程度は仕方のないことです。

 

しかし、「自分はほかの人よりにおいが強いかも…」、「電車やバスなどに座った時ににおいがしているかも…」などと感じる場合は、ちょっと自分のデリケートゾーンは普通の人たちと違うのではないか?

 

と考えてみたほうが良いかも知れません。

 

デリケートゾーンのにおいをほかの人と比べてみたりする機会は無いのが普通ですから、なかなか気付きにくい問題ではあります。

 

しかし、少しほかの人とは違うかも…と感じる方や、においが強いのではないか…と感じる方は、ご自分のデリケートゾーンのにおいについて考えてみたほうがよいでしょう。

デリケートゾーンのにおいの原因と対策法は?

デリケートゾーンのにおいの原因は、ずばり「雑菌」です。

 

雑菌は生きていますから、繁殖をする時には糞、老廃物などを排出します。

 

これらが、デリケートゾーンから発するにおいの原因になっているようです。においに関しては、雑菌の種類によって様々に変化します。

 

デリケートゾーン付近の汗や尿、血など、どの原因で繁殖するかによって雑菌の種類が変わるため、それによってにおいにも違いが現れるというわけなのです。

 

女性の場合、これらの雑菌の上に、さらにおりものが分泌されます。
おりものはタンパク質が豊富ですから、雑菌の餌食になりやすいと言えるでしょう。

 

スポーツなどの後におりものが分泌され、それをそのまま放置してしまうと、雑菌はどんどん繁殖し続けるでしょう。その結果、雑菌の糞や老廃物などによりにおいもどんどんと強烈になり、デリケートゾーンから悪臭を放つということになってしまいます。

 

また、汗には脂肪やアンモニアなど、雑菌にとっての栄養となり得るものが豊富です。
デリケートゾーンにはアポクリン腺という汗腺があるため、さらに雑菌が繁殖しやすいと言えます。

 

それらの理由に加え、デリケートゾーンは常に高温多湿な状態で雑菌が繁殖しやすい環境であることも、デリケートゾーンに雑菌が繁殖しやすく、においが発生しやすい原因となっているでしょう。

 

デリケートゾーンが高温多湿だというのは女性だけに限った話ではなく、男性も同じです。
人間の体の構造によるものですから、どうにも出来ませんよね。

 

つまり、デリケートゾーンの温度や湿度を調整するのは困難と言えますから、出来る限り雑菌を増やさないという考え方で、デリケートゾーンのにおい対策をしていくのが良いのではないでしょうか。

デリケートゾーンのにおいは何かの病気のサイン?

デリケートゾーンのにおいの原因と対策法は?

 

デリケートゾーンのにおいが強い、だから何かの病気ではないか?
と心配になるのも無理はありませんが、必ずしも病気であるとは限りません。

 

しかし、婦人科で診察を行うにあたり、デリケートゾーンのにおいが何らかの病気の判断材料の一つになりうることは、覚えておいて損はないでしょう。

 

おりものの量がいきなり増えた、いつもと色が違っている、においがいきなり刺激的になった、などという場合は注意が必要と言えます。なるべく早く婦人科を受診することが望ましいでしょう。

 

ほかにも、いつもと比べにおいが強くなった、今までよりも臭いな…と感じた場合、淋病、トリコモナス膣炎などの性病や、子宮内膜炎や細菌性膣炎、子宮頸がんなど女性特有の病気である可能性もありますので、毎日の健康管理のためにもデリケートゾーンのにおいに関して気にかけておきましょう。

 

においのほかにも、おりものが黄色や緑色に変化する場合があります。
においと併せ、色もチェックするように心がけましょう。

 

さらに、もう一つよくある症状をお話ししておきましょう。

 

おりものが液体の状態から少しどろどろとした感じの個体のような状態になった場合には「カンジダ膣炎」が疑われますから、おりものの状態にも気を配って下さい。

 

カンジダ膣炎は良くある性病の一つですが、軽く見ることなくきちんと治療しましょう。

 

カンジダ膣炎の原因菌は膣内にありますが、それを洗い流そうと膣まで洗ってしまうと善玉菌など良い働きをする菌まで洗い流してしまいます。

 

また、抗生物質などを服用することでも、これを行った時と同じ状態になる可能性があります。

 

その結果、洗浄をして膣内がきれいになるどころか、善玉菌などがいなくなってしまったせいで余計に菌が繁殖しやすい状態になってしまうことも考えられるのです。

 

膣内には、自らをきれいにする自浄作用がありますから、石鹸などでごしごし洗ってしまうと逆にトラブルを招いてしまうことになるでしょう。

 

膣内では弱酸性で、様々な菌が絶妙のバランスで存在する状態に保たれています。

 

そのバランスを崩さないためには、規則正しい生活と、膣の周りを清潔に保つことが大切だと言えるでしょう。

デリケートゾーンのにおい対策と解消法は?

デリケートゾーンのにおいは何かの病気のサイン?

 

デリケートゾーンのにおい対策をするためには、どうしたら良いのでしょう。

 

ここまでお話してきた情報を見ると、においの原因となりうる膣を洗うと逆効果になりかねないため、デリケートゾーンの周りをきれいに洗うしかなさそうです。

 

しかし、それでは即効性が無いのではないか?という疑問がわいてくるでしょう。

 

毎日ケアをしていても、本当にそれだけで大丈夫なのか?
という不安から、デリケートゾーンに自信を持てない女性もいらっしゃるはずです。

 

そんな方たちに是非おすすめしたいのが、デリケートゾーン専用の保湿美容液ソープ「アンボーテ」なんです!

 

デリケートゾーン専用のソープなんて、いままで聞いたことが無いですよね。
なぜなら、アンボーテはなんと「日本で初めて」のデリケートゾーン専用ソープだからです!
しかもオーガニック認証COSMOS基準をクリアしているソープです。

 

これぞ、日本人女性が待ち望んでいた商品と言えますよね!

 

デリケートゾーンのにおいは、実は女性以上に男性の方が敏感だったりするものです。

 

なんだか夜の営みが減った気がする…という女性や、デリケートゾーンのにおいが心配だ…という女性は、是非デリケートゾーン専用ソープ「アンボーテ」を使用してみて下さい!

 

通常5,980円のところ、今ならなんと3,980円の33%OFFでゲットできる「トクトクコース」で購入できちゃいます!トクトクコースは勿論送料無料ですのでご安心ください!

 

もうすぐ露出が多くなる季節です。

 

アンボーテで、しっかりデリケートゾーンのケアをしましょう!

 

デリケートゾーンのにおい対策に


▼超オススメ!!


アンボーテ


[ アンボーテの公式サイトはこちら ]




▼生理中やいざという時に!!


フロプリー


[ フロプリーの公式サイトはこちら ]


参考おすすめサイト